値段がお手頃で保障付きの印鑑を通販サイトで注文してみました

印鑑

ネットでの印鑑の注文はとても便利でした

私は先日、賞状に押すための落款をつくるため初めて印鑑の通販サイト印鑑市場で注文してみました。
今まで認印は文具店で購入し、実印は実店舗のハンコ屋さんでつくってもらっていたので、通販での印鑑の注文というのはどういう流れになるのかわかっていませんでした。
しかし落款の文字は自分で考えたもので、娯楽イベントで出す賞状に利用するものだったので実店舗で店員さんに見られるのは少々気恥ずかしい感じがしていました。なので迷った末、最終的に店員さんと顔を合わせないで済むネットで注文することにしたのです。実際にサイトで作成依頼のプロセスを進めてみると、思っていたよりもずっと簡単なものでした。印鑑のサイズや材質、書体などの選択肢も豊富で、文章だけでなく実際にこのようなものですという参考画像も載せてありイメージがしやすく、文字選択の出来上がりイメージもその場で見られるという充実っぷりでした。
さらにネットでの注文が不安な人のために実際の商品が届いてから1年間の彫り直し保障や、使用による摩耗対策として購入から20年間の無料再彫刻というサービス面での手厚さもあり、これほどのものかと驚きました。
値段もお手頃でしたので、これからはどのような印鑑を作るにしてもネットを最初の選択肢に入れようと思うくらい印象的な出来事になりました。

印鑑を作るときのポイント

これから印鑑を作るときには何に気を付けていけばいいのでしょうか。やはり印鑑というのは、作るときに意識するポイントがあります。それらを知っておくことで、自分にとって最適な印鑑を作ることができるのです。
1つ目のポイントは、耐久性のある印鑑を作るということです。やはり印鑑というのは小さくてすべりやすいので、地面に落としてしまったりする機会があります。そのようなときにすぐに壊れてしまったら、また新しい印鑑を作らなくてはなりません。だから、耐久性のある印鑑を作っておけば、丈夫で頑丈な印鑑としてどんどん使って行けるでしょう。
2つ目のポイントは、印鑑が軽量であるということです。印鑑が軽量であればあるほど、印鑑が押しやすくなります。だから、印鑑は軽量な材質を使っている印鑑にしてもらったほうが良いでしょう。最近では軽量で丈夫な印鑑として、チタンを使っている印鑑が人気があります。
3つ目のポイントは、だれが見ても堂々として使える印鑑であるかどうかというところです。やはり印鑑というのは人前で使う機会が多いのです。だから誰から見ても、問題ないような印鑑を作っておく必要があります。これらのポイントを重視して印鑑を作るべきです。

インターネットで印鑑を作るならば

インターネット上のお店で印鑑を作ろうと思っている人はいるでしょう。やはりインターネットというのは便利であり、お店に行かなくてもいいのでかなり楽だと言えます。ではインターネットで印鑑を作るのであれば、どのようなことを気を付けていくべきでしょうか。
1つ目は、印鑑を作ってからすぐに配送してくれるのかどうかということです。やはり印鑑というのは社会人になったら毎日使うものといっても過言ではありません。だから、インターネットで印鑑を作ったら即日発送してくれるようなお店を選んでいくべきです。印鑑が届いたらきちんと使えるかどうか確認をしましょう。
2つ目は、印鑑を作る値段は安いのかどうかということです。やはり印鑑を作るのであれば、誰しも安く作ってもらいたいと思うはずです。最近では、できるだけ安く印鑑を作ってから、その浮いたお金でほかのものを買うという人が増えてきているのです。だから、印鑑は安く作ってくれるのかどうかを調べておきましょう。
3つ目は、印鑑を作る技術は高いのかということです。やはり最低でも使えるレベルの印鑑を作ってもらわなければなりません。だから、できるだけ印鑑を作る技術が高いところにお願いするようにしていったほうが良いでしょう。

Pickup

印鑑のデザインにこだわりたいなら業者選定が大切

印鑑を作成する方々には、色々とこだわりがあります。中には、少し変わった印鑑を作ってみたいと思う…

»more

電子媒体による特殊な印鑑

ここ最近は色々な業界で、電子化が進んできています。ペーパーレスなどはどんどん加速していますが、…

»more

印鑑に対する私の認識

私の苗字は比較的ありふれており100円均一のお店でも購入できますが、友人の苗字は非常に珍しく毎…

»more

印鑑の重さ

初めて印鑑を作ったのはいつの頃だったか、今では思い出せないくらい昔のことになってしまいました。…

»more

Post list

TOP